車のフロアマットは純正を選ばなくても問題ありません

新車を購入する際には色々オプションを付ける方は多いと思います。その中でも多くの方が選択しているものが、フロアマットではないでしょうか。純正マットでも何も問題はないのですが、全席揃えると数万円から物によっては十万円近くと高額となってしまいます。自宅の絨毯などと比べてもかなりの高額商品になりますから考えものです。

しかし、近年純正マットを使用しないユーザーは増えています。なぜなら、純正に引けをとらないマットが格安で販売されているからです。また、以前はある程度の車種に適用できる汎用品が多かったのですが、今では車種専用に設計されたマットも多く販売されており、サイズ感が抜群で見た目にも良く、さらには安全面の観点においても充分配慮されている事なども購入者が増加している理由です。

純正マットと異なる点といえば、メーカーロゴマークがついていないという点以外では、サイズ感や使用感的になんら変わりはありません。純正品と同等かむしろデザインも豊富でそれ以上といっても過言ではありません。
また、マットは一度購入したら車を替えるまではそのまま、という方は多いと思います。しかし長年使用していれば、へたってきたり、汚れが気になってきたりします。そういった時でも、格安な社外品であれば交換しやいといえます。
この様に、マットは何も純正品を選ぶ必要はありません。最近は出たばかりのCHRなどの最新フロアマットでもすぐにネットで販売しますから、社外マットの存在を知っておく事で新車購入時の選択肢が増えるますので、一度確認しておく事をおすすめします。