美術品の買い取りについて

美術品や絵画、書画、壺、古本などのいわゆる骨董品について、実家の整理をしていると多数出てきました。そのまま捨てるのももったいなかったので、骨董品屋さんで買い取ってもらうこととしました。

まず、美術品関連については、数も色々とありましたが、査定の結果では一山いくら程度にしかなりませんでした。美術品でしたので、もう少し高値で買って欲しいと思いました。

絵画は思ったよりも値段がつきました。絵画一枚で30000円程度でした。

書画は、これについても二束三文でお金にはなりませんでした。
あまり有名な書画がなかったのでしょう。

壺についても同じくです。二束三文だけでしたので、壺も大したお金にはなりませんでした。

古本は、逆に昔の本の初版があったりしたので、高く売れました。古本だけは予想外に高かったので嬉しかったです。

今回は、どこで売るかということも考えて、買い取り販売を行っているお店でお願いしました。買取専門店だと、そのあとに色々な業者が入ることにより、中間マージンが発生することから、買取金額が安くなってしまうことを想定したからです。
結果的にですが、二束三文で買い叩かれてしまったものはあるましたが、トータルで50000円程度の収入にはなったため、非常に満足しています。
骨董品にたいして、造形の深い知識は持ち合わせていなかったため、お店の人の言いなりでしたが、思ったよりも高値となったため、今後とも機会があれば利用したいと思います。