車のフロアマットは思っている以上に重要かも

自動車のフロアマットについて改めて考えてみると、思った以上の重要なものだとわたしは思います。

私自身の体験でも、フロアマットの質が悪かったら命を落としていたのではないかと思えるような事象があったからです。

私は煙草を吸って運転する事が多いのですが、運転中に火種が落ちたことが何度もあります運転しながら探しても、見つかりませんし危ないので、道路脇にあわてて停車させ、ゆっくり探したところフロアマットの端の方で見つかったのですが、ちゃんとしたフロアマットがなければ火災が起きていたかもしれません。

また、私の住んでいるところは東北の雪国なので、冬は靴に雪がつきます。フロアマットが十分に雪や水分の処理をしてくれないと、ペダル操作のときに靴が滑ってしまい、とんでもない事故につながるなんてことも。

他にも、自分のマットが雪でべちょべちょになってしまった時に、仕方なく友人にもらったフロアマットを使ったときには、サイズが合わずアクセルペダルにフロアマットがひっかかり、アクセルが戻らなくなったんです。それと同時にブレーキペダルにもひっかかり、ブレーキもかけらないという状況に。急いでフロアマットをずらして事なきを得ましたが、本当に焦りました。

こういう危険な状況は命の危機に直結しますから、やっぱり純正品か通販などで売っている車種専用のフロアマットを引いて車を運転した方がいいと思いますね。