なぜカスタムパーツに変更する時には純正品を保管すべきか

車のカスタムパーツには、見た目に関わるメリットはあります。数あるパーツの中には、かなりデザイン性が優れているタイプもあるでしょう。パーツを別の物にしますと、見た目がかなり良くなる事も多いですから、純正品から社外品に交換される事もよくあります。

それは良いのですが、カスタムパーツに交換をした時には、純正品を保管しておく事も大切です。なぜならそれは、車査定にも関わってくるからです。
そもそも現在保有している車は、後々のタイミングで売却される事もあるでしょう。最近では、車買取の専門店を利用する方々も増えています。

それで買取店としては、純正品を高く評価する事はあるのです。カスタムパーツよりも、純正品が設置されている車の方が、総じて売却額も高めになる傾向があります。ですから純正品は、保管しておく方が良いのです。

しかし、たまに例外もあります。カスタムパーツが設置されている方が、売却額が高くなるお店も稀に存在するからです。どちらにしても、やはり純正パーツは保管しておく方が良いでしょう。

PR:n-boxのアクセサリーパーツならスワロフスキーエンブレムステッカーがオススメ