ドアバイザーの装着は今でもメリットが充分にあります

ドアバイザーの装着というのは今の40代以降の世代からすると当たり前の装着部品と思われています。

車のオプションとして若干の見た目の変化もありますが、少し窓を開けていても室内への風の巻き込みが少なくなるメリットがあります。ひと昔前は車内でタバコを吸う人が多く車内に臭いを残さないように装着されていたケースも多くありました。

ですがここ最近は喫煙も少なくなってきました。

最近のドアバイザー装着によるメリットは暑さ対策です。
地球温暖化の影響もあり夏場に駐車していると密封された車内は危険なくらいの温度になっています。そんな時は少しだけ窓を開けておけば風が通りますので車内に熱気はこもりません。
ドアバイザーが少し防犯の役目を果たし、雨避けにもなります。

特に暑さを気にする女性や母親にとってはとても重要なオプション品でもあります。
そんなお手軽なオプションということもあって車両購入の明細に最初から含まれている可能性が高いです、しかし純正品のドアバイザーは割と高いため

もしそこが気になる方はネットや車パーツ専門店で安い社外品のドアバイザーを探してみてはいかがでしょうか、ドアバイザーなど車のパーツを自分でつけるのが難しいイメージもありますが私はセレナのドアバイザーを自分で付けましたが1時間もかからずに取付けする事が出来ました。

それに最近の社外品ドアバイザーは純正品にも引けを取らない出来ですし、中には純正品よりも風を通すようにゴムで加工されたドアバイザーなど色々なものが出ていますそういったメーカーさんの工夫なども見れますから是非検討して見てはいかがでしょうか?